b型肝炎の予防接種は3回目の後が大切

b型肝炎は一度感染すると、体内にウイルスが残ってしまう場合があります。そのためb型肝炎による肝機能悪化を防ぐためには、b型肝炎ウイルスが体内に入らないよう予防することが重要です。そこで大切なのが予防接種を受けることなのですが、b型肝炎の予防接種は3回ワクチンを投与した後が大切になります。

ワクチン投与の流れ、ワクチンを投与した後がなぜ大切なのかを知り、事前にb型肝炎の感染を予防しましょう。

b型肝炎とは

b型肝炎ウイルスは血液や体液が主な感染経路です。輸血・血液のついた道具の共有・性行為などによりb型肝炎ウイルスが体内に進入すると、肝臓内で繁殖し始めます。すると免疫機能がウイルスを排除しようと攻撃し始めますが、この時肝臓の正常な細胞も攻撃を受けます。

肝臓の正常な細胞が攻撃を受けた結果、細胞の一部が壊され、炎症が起こるようになります。そして炎症が起きることで肝臓の機能が一時的に低下し、全身倦怠感・食欲不振・嘔吐・黄疸・褐色尿などの症状が現れるようになります。

その後しばらく経過すると、体内でb型肝炎ウイルスに対する抗体が作られるようになります。b型肝炎の抗体が働くことでb型肝炎ウイルスの機能は低下し、ほとんどが体内から消えていきます。一度抗体ができると、再びb型肝炎ウイルスに感染することはなくなります。

ただしb型肝炎ウイルスに感染したからといって、必ずしも症状が現れるわけではありません。人によっては症状が現れないまま抗体が作られ、自然にウイルスが体内から消えている場合もあります。けれどもb型肝炎の抗体が作られたからといって、完全にb型肝炎ウイルスが体内から消えたとは言い切れません。

b型肝炎ウイルスが体内に留まり続けることもあるからです。この場合、症状が現れず、肝機能の悪化も見られない場合もあります。一方でb型肝炎ウイルスが肝臓内に留まり続けることで慢性肝炎を発症、徐々に肝機能が低下し、肝硬変や肝臓がんに移行する可能性も高いです。

一度感染するとその後肝機能が悪化する可能性もあるため、まずはb型肝炎ウイルスへの感染を防ぐことが大切になります。

b型肝炎はワクチンで予防できる

b型肝炎ウイルスの感染を防ぐためには、まず感染経路をできるだけ避けることが重要です。

それと共にb型肝炎ウイルスの感染を防ぐために大切なのが、予防接種です。なぜならb型肝炎はワクチンを投与することで、感染を予防することができるからです。

b型肝炎ウイルスは外殻とコアの2重構造をしています。b型肝炎の予防接種では、外殻を構成しているタンパク質と似た形のタンパク質を体内に投与していきます。すると免疫機能が反応、そのタンパク質に対する抗体が作られます。

事前に抗体が作られることで、本物のb型肝炎ウイルスが体内に侵入してきた際にすぐ対処できるようになるのです。

b型肝炎のワクチンは3回接種が必要

b型肝炎は予防接種を受けることで感染を防ぐことができます。ただしb型肝炎の予防接種は、一度受けただけでは効果がありません。b型肝炎の予防接種は3回受ける必要があります。まず1回目を受けた後、約4週間間隔をあけて2回目の予防接種を行います。

2回目の予防接種を行った後、約2週間ほどで抗体が作られるようになります。つまり2回受けた時点で、b型肝炎ウイルスに対する抗体そのものは作られるようになるのです。しかし2回目接種後に作られた抗体は、数か月すると機能が低下することがあります。

そこで初回から約4か月~5か月後に3回目の予防接種を行います。3回ワクチンを投与することで、抗体の働きが向上し、b型肝炎感染の確率が大幅に低下します。

b型肝炎は3回注射した後が大切

b型肝炎は3回に分けてワクチンを投与しなければなりません。さらにb型肝炎の予防接種を行った場合、その後の検査が重要となります。b型肝炎の予防接種の場合、3回ワクチンを投与したからといって必ずしも抗体が十分できるわけではありません。

そのため3回予防接種を行った後、抗体ができているかどうか確認する必要があります。そこで3回予防接種を行った1か月後、HBs抗体が体内に十分あるかどうか確認します。検査の結果、HBs抗体の数が十分あることが確認できた場合、b型肝炎ウイルスに対する抗体が作られていることになります。

一方HBs抗体の数が不十分な場合は、まだb型肝炎ウイルスに対する抗体が十分できていない状態を指します。もし検査の結果、HBs抗体の数が十分確認できなかった場合は再度3回に分けてb型肝炎のワクチンを投与していきます。

3回終了した1か月後に再度検査も行います。この時HBs抗体の数が十分あることが確認できたら、その後予防接種を行う必要はありません。しかし合計6回予防接種を受けてもHBs抗体の数が不十分だった場合、ノンレスポンダー、つまりこのワクチンに対して効果が出ない体質なのだと判断されます。

この場合何度ワクチンを投与しても十分な効果は望めないため、b型肝炎ウイルスに感染していないか経過観察する必要があります。

母親がb型肝炎患者の場合

母親がb型肝炎ウイルスを保有している場合、できるだけ早いタイミングでb型肝炎のワクチンを新生児に投与する必要があります。b型肝炎の場合、高確率で母子感染するからです。幼い頃にb型肝炎ウイルスに感染した場合、b型肝炎ウイルスは肝臓内にいるものの症状は現れない無症候性キャリアの状態のまま成長していきます。

ある程度成長してはじめて免疫機能がb型肝炎ウイルスを敵と認識し、b型肝炎ウイルスを攻撃するようになります。その後免疫機能の働きによって再び無症候性キャリアの状態に戻る場合もありますが、慢性肝炎に移行する場合もあります。

幼い頃にb型肝炎に感染した場合の方が、無症候性キャリアや慢性肝炎に移行しやすいのです。b型肝炎に対する検査の結果、母親にb型肝炎ウイルスがあることが確認できた場合、新生児に対して出生後48時間以内に高力価HBsヒト免疫グロブリン(HBIG)と一緒に1回目のb型肝炎ワクチンの投与を行います。

その後生後1か月に2回目、生後6か月に3回目のワクチン投与を行います。3回ワクチンを接種した後、9~12か月後にHBs抗体ができているか確認し、十分量があることが確認できたら、抗体ができたと判断されます。

一方HBs抗体の数が不十分な場合は3回追加接種を行い、再度検査を行います。

b型肝炎の予防接種は早めが大切

b型肝炎はワクチンで予防することができますが、抗体が作られる確率は年齢を重ねるごとに低下します。b型肝炎ワクチンは40歳未満で摂取した場合、90%以上の確率で抗体ができるとされています。一方40歳を超えると抗体ができる確率は90%以下、65歳を超えると抗体ができる確率は75%まで低下します。

このようにb型肝炎ワクチンは、年齢と共に抗体ができる確率が低下するため、できるだけ早めに予防接種を受けることが重要となります。

なお2016年10月1日以降、b型肝炎ワクチンは定期接種化されるようになりました。生後2か月で1回目、生後3ヵ月で2回目、生後7~8か月で3回目の予防接種を行うことになっています。

これから子どもを持つ場合は、b型肝炎の予防接種も忘れないようにしましょう。